自分が浮気をしてしまったときの対処法

普段の仕事でストレスがたまっていて……、たまたまいい関係になった男友達がいて……、などの理由で、自分が浮気をしてしまうことも考えられる。
もしたまたま自分が浮気をしてしまったら、最初に考えなければならないのは、パートナーにばれないために何をするべきか、ということだ。
もちろん、浮気の関係がばれてしまっては、そのまま関係が終わりになってしまうことも十分に考えられる。
それでも、まだ自分が相手のことを好きだと思っていたり、今関係が壊れるのは困ると思っているならば、絶対にばれないようにしなければならない。
では、浮気をしてしまったときに必要な対処として、どんなことが必要になるだろうか。
まず浮気をしてしまうときのシチュエーションとして、外出で遊んできたときと、自宅で遊んだときの二つのパターンが考えられる。
外出をして遊んだときには、そこまで対策は必要にならないのではないかと思うかもしれないが、それは間違いだ。
普段、いつもならパートナーとメールをしているような時間まで、相手に一切の連絡なしに遊んでしまっていないだろうか。
今日くらいはいいかと思っていても、普段から習慣であることがいきなりとだえると、相手はそれに不信感を覚えるようになる。
もしかしたら、自分に黙って別の相手と遊んでいるのではないか、という疑いに発展してしまうこともあるかもしれない。
そうならないように、外出をしていたとしても、それが良くない理由でないことを相手に思ってもらうよう、対処が必要になる。
例えばSNSを活用したり、電話かけてみて相手の反応をうかがうことで、外出にはちゃんとした理由があったんだと伝えることができるだろう。
こういった事後処理をしっかりとしておくことで、相手にも疑いの種を残すことなく、証拠を一切気取られずに片づけることができる。
少しの疑念でも残ってしまうと、そこから相手が証拠集めを始めてしまうかもしれない。
これは、外出して遊んだときよりも、自宅で遊んでしまったときのほうが可能性が高いかもしれない。
自宅で遊んで、そのあとに自分の家に彼氏が来るということになったら、もう徹底的な対処が必要になるだろう。
まず完璧に掃除をすることはもちろんのこと、見つかって疑われるようなものがあるのならば完全に抹消しなければならない。
そして、何か見落としているものがないかどうか、浮気ブログを参考にしながら徹底的に確認をしなければならないといえる。
そんなときに見落とさないためのヒントとなるように、自宅で遊んでしまったときの対処法も紹介してある。
例えば、床の掃除をしておくこと、ベッドの掃除をしておくことは基本的なところとして押さえておかなければならない。
これがそもそもちゃんとできていなければ、気づいてくださいと言っているようなものだ。
そんなうかつな見落としがないように、基本的な証拠隠滅については行っておく必要がある。
それから、案外見落としがちなアイテムもあるので、コツを抑えて自分の場合にうまく役立ててみよう。
何か見つかっても、女友達が家に来たから、と言い訳をすればそれだべてOKと思っているようなことはないだろうか。
彼氏の目から見たら、女友達が来たからでは簡単に片づけられないような圧倒的な証拠が、もしかしたら家の中にまだ残っているかもしれない。
たとえ一時の気持ちの揺らぎだったとしても、本来のパートナーを裏切るということにはそれだけのリスクがあることは覚悟しなければならない。
相手を傷つけてしまうことがないように、そして自分が傷ついてしまうことがないように、考えられる限りの対策はしっかりと行っておこう。
関係をややこしくせず、問題を大きくしないためには、確実な対処をとることが一番だ。

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫

更新情報

アーカイブ

カテゴリー

△PAGE TOP